東京の特許事務所から弁理士が想う「特許な日々」

ビジネスモデルに関する特許を中心に知財、技術について、東京・府中で特許事務所を経営する弁理士・技術士 深澤 潔が書いています。

東京の特許事務所から弁理士が想う「特許な日々」 イメージ画像

更新情報

 顧客は店舗で買い物をする際に、欲しい商品をメモに書いたり記憶したりしたものを頼りに買い物を行いますが、そういった商品以外の情報、例えば、顧客の趣味嗜好に関連する商品の情報を得ることはないので、その他の商品購入の動機付けがありません。  そこで、顧客の趣

 圃場の気温、湿度、日射量などの環境情報を検出するため、圃場の環境情報を測定するセンサが複数の圃場毎に設置されます。  でも、圃場にセンサを設置してシステムを構築するためには膨大な時間と費用等がかかります。  そこで、気象データを簡単に取得するシステムが

 消費スケジュールや消費メニューが決まっているものは、必要なときに配送してほしいと思います。  そこで、そのような配送を実現するシステムが特許になりました(特許第6854040号)。 【請求項1】 需要者が購入した商品を配送者が商品をストッカに配送し、配送された

↑このページのトップヘ