東京の特許事務所から弁理士が想う「特許な日々」

ビジネスモデルに関する特許を中心に知財、技術について、東京・府中で特許事務所を経営する弁理士・技術士 深澤 潔が書いています。

東京の特許事務所から弁理士が想う「特許な日々」 イメージ画像

更新情報

弁理士である以上、特許だけでなく、意匠や商標についても相談があれば当然受けさせていただきます。 意匠については、創作という点で特許や実用新案と共通する部分もあります。 ただし、商標を登録する場合にも早い者勝ち(先願主義)といった点は共通しますが、商標は

皆さんは、どのようなときに出願しようと思うのでしょうか。 何かアイデアが浮かんだとき、研究成果が明らかになって専門誌に掲載して紹介することになったとき、アイデアを具体的な形にするための図面ができたとき(設計が終わったとき)、新製品の発表会や販売時期が迫

出願依頼を受けた場合、大体は発明者から発明の経緯やポイントについての話を直接伺うことになります。 その際、話の流れのなかで、発明者の方が、ここがポイント!と思っているところ以外のところからも、先行技術との関係から新規性を有すると思われる発明が明らかになっ

↑このページのトップヘ