東京の特許事務所から弁理士が想う「特許な日々」

ビジネスモデルに関する特許を中心に知財、技術について、東京・府中で特許事務所を経営する弁理士・技術士 深澤 潔が書いています。

東京の特許事務所から弁理士が想う「特許な日々」 イメージ画像

更新情報

東京地裁に傍聴に行ってきました。 不正競争防止法の侵害訴訟でした。 ちなみに法廷は無料で傍聴することができます。 プライベートとしては当事者として出かけることのないようにしたいものですが、一度雰囲気を体験しておくこともいいのでは。

最近、毎年のように、特許法等の知的財産に関する法律が改正されています。 何れも、知的財産をよりよく保護し、活用できるようにするためのものなのですが、取り扱う我々は、その都度しっかりフォローしなければならないので、それはそれで大変なところがあります。 また

ところで、日本をはじめ、ほとんどの国では、先願主義といって、先に出願した者に権利が与えられるという制度を採用しています。そのため、いくら完璧(と思われる)「特許請求の範囲」や「明細書」を作成したからといっても、誰かが先に出願してしまったら、その出願が取り

↑このページのトップヘ