東京の特許事務所から弁理士が想う「特許な日々」

ビジネスモデルに関する特許を中心に知財、技術について、東京・府中で特許事務所を経営する弁理士・技術士 深澤 潔が書いています。

東京の特許事務所から弁理士が想う「特許な日々」 イメージ画像

更新情報

 お店で順番待ちをしている利用者の現在の待ち時間の情報を表示する技術があります。  でも、フードコートのようなところでは、注文を行うまでの注文待ち時間のみならず、注文を行ってから調理が完了するまでの調理待ち時間も含めた待ち時間がわかると便利です。  そこ

 農業などの現場で使用される作業者には、何らかの異常が検出された場合に、より適切に報知が実行される技術が要望されています。  そこで、異常だけでなく異常が発生している車両の位置も特定するシステム発明が特許になりました(特許第6949162号)。 【請求項1】

 専用のソフトウェアあるいはアプリケーションを導入しなくても、複数の端末装置間上で閲覧されているウェブページをリアルタイムに共有するシステムがあります。  でも、顧客とオペレータの間に通信を確立させるために、オペレータ側は、顧客から接続要求を受けるための

↑このページのトップヘ