発明の前には、必ず課題が存在しています。その課題をいかに解決するか。そこに知恵を絞ったときに、解決するためのアイデアが生まれます。
アイデアを具体的な形(図面)に落とし込んだとき、そのアイデアは評価の対象となります。
そのアイデアが生まれた時点では、少なくとも自分たちにとっては新しいアイデアのはずです。でも、世の中を見渡したときに、すでに誰か他人がそのアイデアを発想しているかもしれません。
その場合、もしその他人がすでに特許権を取得していた場合には、無断で実施することはその特許権の侵害になりかねません。
そこで、まずは、アイデアを形にする前に、他人の動向を調査する必要になります。
調査には時間(お金)がかかりますが、ここで少し苦労するか、知らずに実施して後で大きな損失を蒙るかが、ひとつの選択となります。