さて、そうやって先行技術を調査して、同一の発明(同一の技術的思想に基づくアイデア)はなさそうだ、となったら、大きく分けて二つの道に分かれます。
まず、会社の場合、その発明に基づき、何らかの事業を展開しようと考えます。知財は、使って何ぼのものだからです。
その場合、一方の道は、特許権という権利に基づき、自分の発明の実施を独占して他人を寄せ付けない参入障壁を築く道です。ただし、出願により、その技術は第三者に公開されます。技術が優れているほど、徹底的に分析されてしまいます。
もうひとつの道は、徹底的にノウハウとして自分のところで管理して第三者の目に触れないように守る道です。ただし、もし、他人に特許権を取られてしまった場合には、その出願日に実施や実施の準備をしていたことを証明しない限り、自己の実施もできなくなります。

メリットとデメリットとが正反対の道ですね。