ヘアカラーを行う際には、店員が複数のヘアカラー材料を混合して所望色の混合材料を作製するので、顧客の要望や現状の染まり具合等を正しく把握した上で、ヘアカラー材料の選定等のカラーリング方針を決める必要があります。

 でも、顧客の要望の聞き取り等を的確に行えない場合には、うまく仕上がらないことがあります。

 そこで、顧客の要望を正確に反映したヘアカラーを行えるようにするシステム発明が特許になりました(特許第6936494号)。

【請求項1】
ネットワークを介して接続された端末装置の利用者に対し、ヘアカラー実施店舗の予約を行うサービスを提供するシステムにおいて、
端末装置からヘアカラー実施店舗の予約申込を受け付ける予約受付手段と、
ヘアカラー実施店舗の予約申込の受付完了後に、端末装置からヘアカラーのオーダーを受け付けるカラーオーダー受付手段と
を備え、
カラーオーダー受付手段が、ヘアカラー材料による利用者の毛髪の染まりやすさを受け付ける、ヘアカラーのネットオーダーシステム。

 ネットを通じて顧客からヘアカラーのオーダーができ、さらにヘアカラー材料による染まりやすさを事前に把握した上で、より適切にカラーリング方針を決めることが可能となるとのこと、不満が減るといいですね。