お店で順番待ちをしている利用者の現在の待ち時間の情報を表示する技術があります。

 でも、フードコートのようなところでは、注文を行うまでの注文待ち時間のみならず、注文を行ってから調理が完了するまでの調理待ち時間も含めた待ち時間がわかると便利です。

 そこで、フードコートの店舗毎に適切な待ち時間を把握することができるシステム発明が特許になりました(特許第6951215号)。

【請求項1】
飲食物を提供する複数の店舗が集合した領域における店舗毎に、注文を行う順番待ちをしている待ち人数と、注文済みでかつ未調理の飲食物及び注文数とを特定する特定部と、
前記特定部により特定された前記待ち人数から、注文を行う順番待ちを開始してから注文を行うまでの注文待ち時間を導出し、前記特定部により特定された前記注文済みでかつ未調理の飲食物及び注文数から、前記注文済みでかつ未調理の飲食物についての、調理が完了するまでの調理待ち時間を導出し、前記注文待ち時間と前記調理待ち時間とを合計した前記店舗毎の待ち時間を導出する導出部と、
前記導出部により導出された前記店舗毎の待ち時間を示す待ち時間情報を出力する出力部と、
を備えた待ち時間出力装置。

 この発明では、注文を行う順番待ちをしている待ち人数と、注文済みでかつ未調理の飲食物及び注文数とを特定して待ち時間を算出するとのこと、全体の待ち時間がわかれば利用しやすくなるかもしれません。