車載用ナビゲーション装置では、訪問地を順番に効率よく周遊するための最適経路を探索することができます。

 でも、そのためにはユーザーが目的地となる観光スポットや希望する時間や距離など観光ルートの生成条件を事前に設定しなければならず、その設定作業が面倒です。

 そこで、簡単且つ迅速に観光ルートの情報を表示することが可能なシステム及びプログラムの発明が特許になりました(特許第6967798号)。

【請求項1】
 複数の観光スポットを含む観光ルートの観光案内を行う機能を有するシステムであって、
前記観光案内を行う機能は、
システムが現在地の情報に基づいて第1の観光スポットに到達したことを検知した際に、
ユーザーによるシステムのオフ操作を検出してからシステムの再スタートを行うまでの時間を計測し、
計測した時間が前記第1の観光スポットについての所定の観光時間を超過した場合、観光案内を継続するか否かをユーザーに確認し、ユーザーからの入力に応じて前記観光案内を継続し、または終了させる、
システム。

 観光にかかる所要時間ごとにグループ化した観光ルート情報を取得するので、探索する必要がなくなり、しかも、観光スポットにおいて、所定の観光時間を超過した場合に観光案内を継続する否かをユーザーに確認して、ユーザーからの入力に応じて観光案内を継続し、または終了させることができるとのこと、便利になりそうです。