電化製品などの商品を購入する際に延長保証を付加する場合、POSレジスタでの商品登録時に延長保証を宣言し、登録商品に対して延長保証を付加するようになっています。

 でも、POSレジスタでは、商品登録時にしか延長保証を付加することができないため、商品購入後に延長保証を付加する場合には、POSレジスタでは延長保証を付加することができず、サービスカウンタ等で延長保証を付加する必要があり不便です。

 そこで、商品購入後であっても、延長保証など商品に関連するサービスの登録を行うことができる商品販売データ処理装置についての発明が特許になりました(特許第7068728号)。

【請求項1】
サービス対象商品の商品情報の入力操作を受け付ける第1画面と、前記サービス対象商品に関連するサービスの金額の入力操作を受け付ける第2画面とを表示する表示手段と、
前記サービス対象商品に関連するサービスの登録を宣言する宣言手段と、
を備え、
前記表示手段は、前記宣言手段による宣言がなされた後に、前記第1画面において前記サービス対象商品の商品情報の入力操作を受け付けると、前記第2画面を表示する
ことを特徴とする商品販売データ処理装置。

 登録した商品がサービス対象商品であれば第2画面を表示して当該サービスを受けることができると判断ができるとのこと、後付けできるようになればいいですね。